« 屋根裏のネットワーク | トップページ | 研究会のサイトを作りました »

2006-03-30

どのブログサービスを使うか

 すでに「goo」で立ち上げていたこのブログを、こちらの「ココログ」に移転した。その経緯は、これからブログを立ち上げるメンバーにとっては役に立つかも知れないので、紹介しておきたい。

 使用するブログサービスを決めるにあたって一番重視した条件は、プラウザで字を調節できることだった。おそらくWebデザインの関係から字が固定されてしまっているサイトが実に多いのだが、私には読みにくくて仕方がない。年配者の中にはこれでいやになる人も多いのではないか。やはり思想系のサイトでは、読みやすくなければしようがない。

 そういうわけで、とりあえず文字を調節でき、しかも容量無制限の「gooブログ」で立ち上げてみたのだが、そこではじめて気づいたのは、「記事」の文字は調節できるが、「コメント」欄の文字の大きさが固定であることだった。「goo」に問い合わせたところ、やはり調節は不可能との回答をいただいた。

 「コメント」の文字が調節できるサイトを探して「ココログ」に行き着いた。ところが、今度は「コメント」の投稿者名が最後にしか表示されないため、誰からのコメントなのかが、読み終わった後にしか分からない。研究会という性格上、長いコメントがありうるので、この点はやや難であると言えよう。また、「記事」そのものについても、その記事が属するカテゴリーが最後にしか表示されないため、その「記事」が何のテーマについて書かれているかが、やはり最後にならないと分からない。この点については、使用者側ではいじることが出来ないようだ。基本的には日記として使うように作られているものだから仕方ないのだろう。

 私はカテゴリーを研究発表のタイトルのようなものとして使おうとしており、同じカテゴリーの複数の記事は一続きのものであると考えているから、一つの記事がどのカテゴリーに属するかが一目で分かることが本当は望ましい。この点では「ココログ」より「goo」の方が適しているだろう。

 そんなわけで、どちらを使うかかなり迷ったのだが、結局は文字の大きさの方を取ることにした。年配者にもコメントしていただきたいと思うし、私自身も最近小さい文字が見えにくくなっているという事情がある。また、一つの「記事」に対する「コメント」は「記事」の単なる付加ではなく、むしろ「コメント」欄でのやりとりこそがブログ研究会にとって貴重であると考えるなら、多少の欠点はあってもこちらを選びたいと考えた。

 ちなみに、容量は無制限ではないが、2Gもあるので、文字主体のブログにとっては十分過ぎるくらいだろう。

 ただ、これは私の個人的な価値判断による相対的な選択にすぎず、どのブログにするかは各メンバーが判断すればよいと思う。本当にたくさんの無料ブログがあり、それぞれに特色があるので、各自が自身に合ったものを選んでいろんなブログを立ち上げれば楽しいと思う。

 ただし、多くのブログ・サービスの中には、研究会という目的にとっては致命的な欠点を持つものもある。特に重要なのは「コメント」の字数制限である。「コメント」に字数制限があり、しかもその字数があまりに少ない(たとえば400字以内)と、「記事」に対して十分な議論がかわせなくので、そういうブログは避けた方がよいと思う。「こころぐ」の場合を試してみると、相当の字数を書き込むことが出来ることができることが分かった(無制限かどうかは不明)。「goo」の場合は制限があるが、5,000字(原稿用紙約12枚)以内なので、普通に考えれば十分だと言えるし、コメントを一定の字数以内(ふつうの研究会なら一定の時間内にあたる)で行うという方針で運営するには、かえって好都合かも知れない。私は無制限に近い方を選んだが、それは、その方が「屋根裏部屋」の議論にふわさわしいからであって、別の考え方もあると思う。

 せっかくいろいろ試行錯誤したのだから、上記のもの以外のブログ・サービスについても私なりの結論を記しておく。これからブログを立ち上げるメンバーに、参考にしていただければ幸いである。

 まず「exciteブログ」だが、が、「コメント」の欄の文字調節が出来、冒頭に投稿者名が表示される。その点ではかなり理想に近いのだが、残念なことに、「コメント」できる字数がかなり少ない。これは、われわれの目的にとって致命的である。

 次に「Doblog」 は、「コメント」が400字以内だから、問題外である。容量が無制限なのは、ブログ間の関係を示す図が示されたり、画像のスライドショーが出来たりするからだろうか。他の目的にはよいかも知れない。

 最後に、「はてなダイアリー」 は、「コメント」の欄の表示が分かりにくく、やはり研究会用にはどうかと思う。もっとも大変意欲的なサービスのようで、様々な機能がついており、使い方次第でもしかすると最良のものが出来るのかも知れないが、私には使いこなせそうにない。いろいろ試みたが、結局断念した。

 なお、「無料Blog(無料ブログ)比較」というサイトが、多数のブログ・サービスを紹介しているので、そちらも参考にされたい。試していないものも多数あるので、いいのが見つかるかも知れない。

 以上、おせっかいとは思うが、これからブログをやろうというメンバーが同じ試行錯誤を繰り返すのは時間の無駄なので、私の経験を申し上げた次第である。

|

« 屋根裏のネットワーク | トップページ | 研究会のサイトを作りました »

コメント

ブログ移転の経緯がよくわかりました。

研究会のために、各ブログを比較検討し、ニフティのこころぐにブログを開設し、そして記事とコメントをこちらに移す手間を惜しまない桶川さんに、本当に頭が下がります。

これから、野呂神学について桶川さんの記事にコメントをつけていこうと思っています。

また、同時に私のブログhttp://blog.goo.ne.jp/whiteheadian/
にも、研究発表の記事を載せていく予定です。

こころぐの記事やコメントが、投稿者の名前等が最後にしか出ないのは、多少不便そうですね。

投稿: 白頭庵 | 2006-03-30 21:12

ココログのコメント欄で、もう一言。

コメントには、titleあるいはsubjectを入力できないのでしょうか。
この設定では、コメント投稿者は、最初の一行をタイトルのかわりに使うか、タイトルなしで済ますしかないですね。

なければないで、特に不自由なわけではありませんが。。。

このようなオンライン研究会のための議論と並行して、そろそろ、研究会そのものの議論をはじめなければいけないですね。
野呂神学についての桶川さんの研究発表に、コメントしようと思っているのですが、なかなかできません。
まずは肩の力の抜けた、最初のコメントをつけました。

投稿: 白頭庵 | 2006-03-31 11:00

 ココログの他のサイトをいろいろ見ましたが、どこも同じのようです。他のサイトの場合、コメントが短いので、別に不便を感じさせませんが、ここではやはりかなり大きな欠点と言わざるをえません。他の点が理想的なだけに、かえすがえすも残念です。人生、何事も思い通りにはならないものです。

 対処法としては、おっしゃるとおり、文章の最初に名前を入れていただくしかないようです。まあ、今は自分でなければ白頭庵氏だと分かっていますが、そのうち人が増えてくると混乱は避けられません。特に長いコメントをつけて下さる方は、必須ですね。学会などで、所属と氏名を名乗ってからコメントするのと同じ感覚です。

投稿: 桶川利夫 | 2006-04-01 08:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 屋根裏のネットワーク | トップページ | 研究会のサイトを作りました »