« 著作権に関するご注意 | トップページ | 日比野さんによる再批判 »

2006-04-05

ブログでの研究会の意義

 今回、意識して他の人たちのブログなどを見ていると、いろいろ考えさせられることがあった。ブログでは、関心のある人たちが自由に関わりあうことが出来るようである。だったら、わざわざ研究会のメンバーを決める必要はないのではないか……という疑問が起こってくるかも知れない。そこで、この疑問について一応答えを与えておきたい。

 ブログの大きな魅力の一つは、うまくいった場合には、個人と個人が組織や制度上の隔たりを一挙に越えて、いきなり核心に関わる議論をかわすことが出来るところであろう。こうした面から見れば、ブログ間のそうした自由な関わりに、「研究会」という従来型の組織を持ち込むことは、せっかくの利点を殺してしまうようにも見える。

 しかし、多くの場合、ただブログを作るだけでは、それほど手応えのあるコメントも期待できないだろうし、たまたまコメントがついても、感想以上に議論が深まることは希であろう。もちろん、普通の日記サイトとしてはそれで十分すぎるほどなのであるが、研究者間の議論に使う場合にはちょっと物足りない気がする。そこに「研究会」という枠を持ち込むことの利点がある。少なくともメンバーの間では、互いの議論に関心を持ち、意識して議論を行おうとすることで、ブログが個人の自己満足、自己完結に終わらないようにするという効果があるのだ。

 まあ、まだ始まっていないブログ研究会の意義について、これ以上予想で語っても無意味かもしれない。とにかくやってみて、あとはそれから考えていこう。

|

« 著作権に関するご注意 | トップページ | 日比野さんによる再批判 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 著作権に関するご注意 | トップページ | 日比野さんによる再批判 »