« ようこそトロウ氏 | トップページ | 奮闘中 »

2006-05-27

主の祈り

 再来週から2週間、教育実習を受けることになっており、先日、実習校での打ち合わせに出かけた。時間ぎりぎりになって会場に駆け込むと、そこは「会社説明会」の雰囲気。黒いスーツに身をかためた若い男女が20人ほど、ビシッとして座っておられる。私だけが茶色のスーツ。しかも先週講義に着ていったやつだから、何となくよれよれ。それでも100円ショップのネクタイをしめていって本当によかった。

 私が実習するのは「高校の宗教」で、指導教諭は大学院時代の後輩なので、多少は気が楽なのだが、なにせ公立高校出身なので高校で聖書を勉強する雰囲気というものがなかなか想像できない。大学の授業とは様々な点で違うと思うが、どう違うかやってみないとわからない。

 スケジュールを見ると、なぜか試験期間や体育祭と重なっており、授業はあまりやらなくてよさそうだ。授業2種類とチャペル講話を一つ考えておくように言われた。そのうちの一つのテーマは「主の祈り」と決められた。うーん、難しい。へたにやると、単なるお説教になってしまいそうだ。みなさん、何かよいアドバイスがあれば教えてください。

|

« ようこそトロウ氏 | トップページ | 奮闘中 »

コメント

本当に難しいテーマですね。というわけでアドバイスに相当するようなことは、何も申し上げられないのですが、この、高校での教育実習という機会にあたり、桶川さんに是非追究して頂きたいと私が個人的に思うことを書いておきます。

過去に10年間くらいでしょうか、予備校や塾で中・高校生と接してきたという経験から常々感じていたことなのですが、いわゆるミッションスクールの果たしている役割は何なのか、その点非常に私は疑問を持たざるを得ないのです。酷い言い方をすれば、ミッションスクールの果たしているミッションとは、(特にキリスト教系学校がそうなのだが)「宗教に嫌悪感を持たせる」ことなのか?!とこちらが疑いたくなるほどに、結果的に生徒たちは宗教(キリスト教)を嫌いになって卒業していくという現実があることです。

正直言って、この傾向はカトリック系の学校に特に顕著だという印象を個人的には持っていますが、プロテスタントでも大いにこのことは当てはまります。実際、生徒たちから愚痴として聞かされる、学校の先生(←特に聖職と「兼業」の)たちの、陰険と言わざるを得ないような仕打ちには、キリスト教に携わる者としてとても悲しい、虚しい、腹が立つ、といろいろとネガティブな感情が沸いてきます。

なぜこのような連鎖が生じてしまうのでしょうか。連鎖と言っても、その悪い連鎖の始まり(原因)は、教師の側にあるように思えてなりません。なぜこのようなことになってしまうのか、このあたりについて、2週間という短い期間の実習を通して、桶川さんからの解答を待ちたいところです。

投稿: トロウ | 2006-05-27 23:50

良い課題を与えていただいて感謝です。ともすれば、早く終わって欲しいと行った気持ちになりがちなのですが、よい動機付けになります。

ミッションスクールの宗教教育が、なぜ宗教に嫌悪感をいだかせる結果に終わるのか?体験したことのない私には見当がつきません。小説などでときどきぶつかるミッションスクールの描かれ方を見ていると、分かるような分からないような……といったところです。

実習中も時間があればここに報告していきたいと思います。

投稿: 桶川利夫 | 2006-05-29 00:21

白頭庵です。

「100円ショップのネクタイ」というのが、いかにも桶川さんらしくていいですね。これから実習シーズンですが、僕も先日、学生の幼稚園実習の巡回に行きました。駅のコーヒーショップで隣の人にコーヒーをこぼされて、ダークスーツは目立たないからいいけど、水色のネクタイはべっとり茶色になっちゃったので、駅の特売コーナーで千円のネクタイを買いました。「うちの実習生をよろしくおねがいします」と言う側なので、柄にもなく身なりを気にした次第です。

今、ちょうどうちの教会でも、主の祈りをマタイ伝で一文一文読んでいるところです。いざ読むと、難しいですね。ホワイトヘッド研究者でカトリックの田中先生のHPでちょうど取り上げられているので、参考までに。

http://blog.goo.ne.jp/eigenwille

ミッション・スクールの講師としては、豆大福さんがコメントされている点は、とても気になるところです。幸い、うちの「チャプレン」は極めて誠実かつ有能な方で、学生の信頼も厚い素晴らしい人物なのですが、高校や短大によっては、礼拝などの時間にたるんでいる学生にかなりキツく当たる人もいると聞いています。日曜日に教会に来る信者と、時間割のなかで半強制的に礼拝やキリスト教系科目に出席しなければならない学生との違い、教会と学校の違い、成績評価する立場とそうでない立場の違いを、意識したいですね。

投稿: 白頭庵 | 2006-05-29 00:55

桶川です。

田中先生のブログ、ありがとうございます。こういうのが本当に教えていただきたかったことです。いろいろ客観的な註解は読んでいるのですが、やはり「主の祈り」をどう理解し、どう祈るのかという問題は、註解書からはなかなか出てきません。田中先生の独自の視点は大変参考になります。

とくに「私たちの負い目を許してください。わたしたちも自分に負い目のある人を許しましたように」(マタイ6:12)
が、ともすれば他人を許すことが、自分の救いの条件であるかのような印象を与える点について、明確な指摘があり、大変勉強になりました。

さしあたり、「祈り」と「呪文」の違いから入って、「祈り」と「願い」との関係を経て、各内容に入っていこうか……などと考えています。大学生ではないが、小学生でもないという、この難しさ。まあ失敗しながらうまくなっていけばいいと思っています。

投稿: 桶川利夫 | 2006-05-30 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ようこそトロウ氏 | トップページ | 奮闘中 »