« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006-06-21

実習終わる

 一番最後に自分の担任のクラスで授業をし、最後のホームルームで生徒たちから花束と色紙をもらい、こうしてわたしの実習は幕を閉じた。連日夜中の1時、2時に寝て朝5時半に起きるという生活だったが、全てを終えて帰ってくると疲れがどっと押し寄せてきた。体重も2、3キロ減った。思いもかけず過酷な実習だった。

 実習での一番大きな課題は、高校生向きの授業が出来るかどうかであった。私の口から自然に出る言葉は抽象的で高校生には分かりにくい。また私が作る授業案はテーマが高校生の必要に対応していない。これらを直すのにかなりの日数を要した。7,8回の授業を行なったが、満足いく授業が出来たのは最後の2回だけだった。

 もう一つの課題は、50分という時間であった。10年間の大学講師の経験によって、私の体内時計は90分にセットされてしまっているので、50分で終わるように話をすることがなかなか出来なかった。話が脱線することは高校の先生でも当然あるわけだが、彼らはすぐに本題にもどってくる。しかし、私はもどってくるのに10分くらいかかってしまう。ところがその10分が高校の授業では命取りとなる。

 まあ、実習での経験を書き出すときりがないので、とりあえずはここまで。後は徐々に書いていきたい。今後高校の教師になれるかどうかは分からないが、この経験は現在の大学の講師としての仕事にも少なからず影響を与えるに違いない。今日、さっそく大学での講義を済ませたが、かなり簡潔に話すことができたと思う。(簡潔ならいいというわけではないが)大学の授業の質を高くしたいなら、へんなアンケートなんかやってないで、大学の教師の高校での実習を義務づけたらどうだろう。大学の教師は研究のプロだが、教えるのはどうも素人だ。ところが高校の教師は教えるプロだ。学ぶ点はたくさんあるに違いない。もっとも大学の授業が高校の授業に似ることがよいことかどうかは分からない。ある意味で素人くさい講義こそが本来は大学の醍醐味である気もする。このあたりのことも、おいおい考えていきたいと思う。

 ところで、実習の最終日に、私を指導してくれたY先生(実は私の大学院の後輩)と一緒に、日比野さんのおられる「新しき村」に行ってきた。日比野さんは仕事中であったにもかかわらず、村を案内してくださり、ふつうに行ったのではわからないところまで見ることが出来た。村の理想と村の現実とが交錯する現場を垣間見ることで、日比野さんの苦労を少しだけ理解することが出来たように思う。10年ぶりくらいにお会いした日比野さんは、労働のためか身体ががっちりとされ、年はとられたが大変健康そうに見えた。身体を動かして働いて、空いた時間には論文を書かれるのであろう。その生活は理想的に見える。しかし、日比野さんはそれでは駄目なのだと言われる。そういう村の生活が、純粋に自給自足に基づくものではなく、結局は経済的に村の外の世界に依拠したものであるからだ。ではその外の世界に暮らし、完全にその世界に埋没してしまっている私などはどうなるのだろう? そういうことを考えさせずにはおれない見学であった。

| | コメント (3)

2006-06-10

奮闘中

現在、教育実習の真っ最中である。高校の授業がいかに大学と異なるかを、いやと言うほど思い知らされた。ここで学んだことは、多分大学の授業をやる上でも役に立つと思う。実習についてはいろいろ書きたいが、連日教案づくりで寝不足であり、次の教案づくりにも忙しく、ちょっとしばらくは詳しい報告を書く余裕がない。とにかく今日はひさしぶりにゆっくり寝ることにする。

| | コメント (2)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »