« 神学の二つのモデル(4)――リクールの聖書解釈学の可能性 | トップページ | 翻訳可能性(1) »

2006-09-23

次元的思考

 学会での発表が終わった。私の前ではPensie_log氏が発表されたし、トロウ氏や吉田氏にもお会いすることが出来た。この研究会での議論のおかげで、かなりよく練った上で発表に臨むことが出来たと思う。屋根裏部屋から一気に表舞台へではなく、ひとクッション置くことは、やはりかなり精神的にも楽であった。トロウ氏やPensie_log氏から指摘を受けたように、課題はいろいろと残っているので、今後もこのテーマについては考えていくことになると思う。

 さて、それはともかく発表が無事終わった後、やや長い昼休みがあったので、会場を抜け出して少し散歩をしてきた。実はこの会場の近くに、トロウ氏がユーカリスティアのニュースレターで紹介されていた「実存論的神学発祥の地」とも言うべき場所があるのだ。野呂芳男『ジョン・ウェスレー』(松鶴亭、2005年)の中では、その場所について次のように描写されている。

 四谷への途上で、タクシーは必ずといってよいほどに赤坂見附で立ち往生した。今では高速道路が何層にも重なって上の方に通っているのだが、当時は平面上の交差点に五つほどの信号機があり、青に変わるのを待たなければならなかった。ところがある日、そこに高速道路が一つ、地面より高い空間に作られ、同じ平面を走っているのであれば互いにぶつかり合う事情が回避され始めた。このように上の方の道路が増えていくたびに、下の方の交通の便がよくなる。私はそれを見て、長い間考え抜いていた事柄の解決のヒントを得たのである。(『ジョン・ウェスレー』305頁)

これがいわゆる「次元的思考」(dimensiona thinking)という発想 176_7675_2 の誕生と なったエピソードである。私は先生のタクシーとはちょうど逆に、四谷から赤坂へ向かう川沿いの道を弁慶堀ぞいに歩いて行ったことになる。人通りのほとんどない歩道を首都高を上に見ながら行くと、やがて前方に見えてくる空間が赤坂見附の交差点である。

 この文章では、「次元的思考」は、ウェスレーにおける神の絶対的な恵みと人間の自由意志の働きとの関係を説明するものとして用いられている。つまり、人間の自由意志と神の恵みを同じ次元で考えると両者はぶつかってしまうのだが、もし神の恵みが高速道路を、人間の自由意志は下の道を走っているのだと考えるば、両者がぶつからずにすむ、ということである。

176_7686_2  『実存論的神学』(223頁前後)では、主に聖書の史的・批判的研究と信仰との関係を説明するために同じ発想が用いられている。聖書を他の資料と同様にどこまでも客観的に研究していくことと、聖書に描かれたメッセージを受け止めることとは別の次元の問題であると考えることで、歴史的思惟が信仰を破壊するという状況を回避することが出来る。聖書の歴史批判と出会って茫然としていた学生時代の私にとって、この教えが与えてくれた解放は大きかった。

 東京近辺に随分長く住んでいるが、自分をある意味で救ってくれた次元的思考の発想が生まれた場所を訪れるのは初めてであった。思えば、この交差点にさしかかる人や車は、それぞれ様々な目的や性質を持っている。それらがぶつかり合うこともなく、整然と流れていく様には確かに感心させられるものがある。胃潰瘍の治療のためにタクシーで病院へ向かう途中の先生にしてみれば、交差点を立体式にするという発想は、非常に便利に思われたに違いない。この見事な情景を写真に収めようと思ったが、全貌を視野に入れるような場所がなく、部分的な写真になって176_7691_2 しまった。

 ところで、このような次元的思考は、言わば聖域なき歴史研究を可能にする。世界史的次元においては、聖書は他のすべての文献と同じように扱われなければならないし、イエスはどこまでも一人の人間として探究されなければならない。これについて書かれている部分を引用しよう。

……イエスの世界史的研究だけは、他の世俗の出来事と違って、信仰的になされなければならないというならば、それは、キリスト教の教理上の仮現説(docetism)と全く同じことではないか。これは、受肉の事実の否定以外の何ものでもない。イエスの出来事が、真に人間の出来事であったと言うならば、明らかに、それは世俗の出来事なのであって、世俗の出来事を研究すると同じ方法論が、適用されるのが当然である。(『実存論的神学』238頁)

これは、学生の頃の私にとって、きわめて説得力のある言葉であったはずである。ただここで現在の私は「はっ」とするのである。この文章は「仮現説」への拒否が当然のように前提となっているのだが、昨今の先生は「仮現説」を必ずしも否定されない。とすれば、こうした箇所は現在の野呂先生の思想からはどのように理解すればよいのだろう。

 しかし、残念ながら今の私にその問題に取り組む余裕はない。この秋は個人的にいろいろな大事な課題が重なっていて、他のことが出来そうにない。しかし、年が明ければそれらが全て終わっているはずである。(そうであって欲しい)。その後は餅でも食いながらじっくり「後期野呂芳男問題」に取り組みたいと思っている。

|

« 神学の二つのモデル(4)――リクールの聖書解釈学の可能性 | トップページ | 翻訳可能性(1) »

コメント

素晴らしい写真ですね。「次元的思考」の理論が、とても現実味を帯びてきます。実存論的神学に「人生を変えられた」者たちにとっては、赤坂見附は聖地となるかも?と、密かに願っています。もしそうならば、桶川さんは「赤坂見附ピルグリム第1号」となるのか?!(冗談です)

それから、桶川さんのおっしゃるとおり、私たち研究会のメンバーのお陰ですが(ウソ)、研究発表のご成功、おめでとうございます。桶川さんの、2人の質問者に対する対応も、余裕が感じられましたよ。

投稿: トロウ | 2006-09-23 16:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神学の二つのモデル(4)――リクールの聖書解釈学の可能性 | トップページ | 翻訳可能性(1) »