« 10年を客体化する | トップページ | 教育の目的 »

2006-10-28

北海道

11111_15

 来週は秋休みの大学が多く、授業が一コマだけとなる。ただし、残念なことに、教職のための残り四科目分の試験が迫っている。博論を仕上げるとしたら、この4,5日が勝負である。……と考えると、とたんに気が重くなってきた。そこで、今日はちょっと息抜きに過去に思いを思いを馳せたい。

 木曜の夜は遅くなるため、きまって家のそばのラーメン屋で日本一の味噌ラーメンを食べる。 店の名ははっきりしないが、表にぶらさがっているでっかい赤ちょうちんに書かれている「北海道ラーメン」というのがそのまま店の名であるらしい。観光客で賑わう通りに面したなかなかの立地条件にもかかわらず、夜しかやらない、日曜日にはやらない、という変わった営業方針のため、客はいつもそこそこで、並んだりなんかしたことはこれまで一度もない。しかし、その味は完璧であり、「それ以上うまいラーメンを考えることができない」という味である。すでに10年近く食べ続けているが飽きるということがない。

 昨夜は、その「北海道ラーメン」で日本一の味噌ラーメンを食べながら、北海道日本ハムが日本一になろうとする様子を見ていた。同時に、「札幌ドーム」なるものをはじめてしげしげと見ることが出来た。私が札幌にいた頃には、もちろんこんなものは無かった。私の所属していた教会の伝道所が羊ヶ丘を越えた向こうにあったが、どうも札幌ドームはあのあたりのただっ広い平原のどこかにあるらしい。

 ひんぱんに映し出される観客の様子を見ると、いかにも札幌の人たちだ。変わっていない。選手達のヘルメットには「北海道新聞」、ユニフォームには「ホクレン」の文字が見える。当然のことながら「たくぎん」の文字がどこにも見えないのは少しさびしいが、そのかわりにセンター後方のバックスクリーン付近には、私が半年だけ在籍した「札幌学院大学」の広告がある。新庄が宙にまうのを感慨深く見守りながら、同時になつかしさがこみあげてきた。

 つい先日も、仙台のドクターKから、札幌での学会で発表したという話をうかがったばかりだ。同じ学会でも札幌で開かれるとなると、楽しさ百倍であろう。なんでも、ひのもと先生の講演料で、ジンギスカンが食い放題だったらしい。ラーメンもいいが、ジンギスカンも食べたいななどと思いながら、帰りにセブンイレブンに寄ると、さだまさしの「ああーあーあーあーあ」という声が聞こえてきた。「北の国から」のテーマだ。最近よく聴くな、リバイバルでもしてるのかな、と思ったら、北海道セールをやっていた。

 どうも連日、「北海道」づいている。そこで私も、北海道を自転車で旅したことを思い出した。あれは、大学4年の卒論を控えた秋のことだった。釧路から摩周湖を通り、知床半島を渡って釧路へ帰ってくるという道東一周の旅だ。公園や橋の下や無人駅が週泊場所だった。その旅の途中、摩周湖から湖と反対側の眺望を描いたのが上の絵である。向こう側に見えているのが屈斜路湖だろう。我ながらなかなかよく描けている。博士論文が終わったら、絵でも描きに出かけたいものだ。北海道はちょっと無理だけれども。

|

« 10年を客体化する | トップページ | 教育の目的 »

コメント

私の独断を押し付けるようで甚だ恐縮ですが、「教職より博論を!」ぜひぜひ全うしてくださいな。(でも、教職を落としていいという意味ではありません)

実は最近のことですが、突然「アザラシの棲む所に住みたい」と思い立ち、日本だったら知床あたりかな~と思い、ちょっと調べてみました。道東には空港もあり、空港近くに住めば、都心から2時間ほどの近郊に住むのと、不便さはそう変わらないなぁ、と。でもその矢先、ロシアによる漁船拿捕・銃撃事件が起こったりして、はやり複雑な事情を抱える地なのだなと、思い直してしまいました。

もっとも、伊豆あたりを旅行しても「ここは外国?」と錯覚するほど東京の生活しか知らない、江戸時代の人間のような感覚の持ち主である私が、真性の地方に住めるとは考えにくいのではありますが…。

投稿: トロウ | 2006-10-29 14:58

まあ、どちらも頑張ります。
札幌は住みやすさは抜群です。
他のところはやはり大変でしょうが、何か「暮らしている」という感じが味わえるでしょうね。

投稿: 桶川利夫 | 2006-10-29 22:53

え~!!桶川君、なかなか絵心があるんでビックリしました。
しかも、半年だけの札幌学院大学生なんていう過去があるとは、
まったく知らなかった~!!
色々と隠された秘密がまだあるんですね。
ところで、北海道を一緒に旅した自転車は、懐かしいブルトマン君
ですか?
私も札幌は好きだな。
最後に行ったとき(4年前)は、歩くスキーをやってきました。

投稿: カリメロ | 2006-10-31 20:47

よく覚えていてくれましたね。愛車ブルトマンです。車体が二つに分かれるため、持ち運び(輪行)の作業がきわめて短時間で行えるところがこの自転車の最大の特徴でした。私の持ち物の中で最も高価なものでしたが、2年ほど前、ついに廃車にしました。無念です。

投稿: 桶川利夫 | 2006-11-01 08:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10年を客体化する | トップページ | 教育の目的 »