« 2006年10月 | トップページ | 2007年2月 »

2006-11-02

教育の目的

 教科の履修不足の問題について、今朝の毎日新聞は、学習指導要領が求める「幅広い基礎的教養」と生徒や学校が求める「入試に対応する学力」の乖離がその原因だと論じている。いわば建て前と本音は違うということだろう。

 「二つの学力」のうち、前者はより漠然とした広い目的をめざしているのに対して、後者は目先の目的に焦点をしぼっている。しかし、いずれも何かの役に立つものとして学力を考えている点では同じである。学習、研究、教育の目的は、何かに役に立つ能力を身につけることなのだろうか。

 先日ふと読んだ本の中で、シモーヌ・ヴェイユはこう書いていた。

今日では、だれもそれを知っていないように見えるのだが、注意力の形成こそ、学習の真の目的であり、ほとんど唯一の関心の的である。(『神を待ち望む』田辺保・杉山毅訳、勁草書房、85頁)

ここで注意力は祈りと深い関係にある。注意は様々なものに向けられるが、その最も高い目標は神である。祈りとは「たましいにとって可能なかぎりの注意力をつくして、神の方へ向かっていくことである」。学習、学問研究、教育の目的は、そのような注意力の形成だと彼女は言うのである。祈りをもって学問をやる――というよりも、祈りへと導かれるように学問をやるということだろう。

 ヴェイユはこうも書いている。

神を愛する中学生、大学生なら、「わたしは数学が好きだ」とか、「わたしはフランス語が好きだ」とか、「わたしはギリシア語好きだ」とかいうようなことは、決して口にしてはならない。学生たちは、そういうもののすべてが好きになれるようにしなければならない。なぜなら、それらはどれもこれも、いったん神の方へ向けられるならば、まさに祈りの本質そのものとなる注意力を育て上げてくれるものだからである。(同上、86頁)

勉強というものをこのようにとらえている教育者が、今の日本にいるのだろうか。われわれ研究者でさえ、研究という作業をもっと相対的なものとしてとらてしまっているのではなだろうか。ヴェイユのようなとらえ方は、ある意味ストイックで、修道僧のようである。だが、逆の意味では、こういうとらえ方をすればどんな地味な研究であっても、また語学修得のような単調な作業であっても、楽しんでおこなうことができるのかも知れない。

| | コメント (2)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年2月 »