« 2006年11月 | トップページ | 2007年3月 »

2007-02-28

ハラワタ、煮えくりかえる

 公立小学校の入学式で「君が代」の伴奏を拒否した女性音楽教員が戒告処分を受けたことを不服とし、処分取り消しを求めた裁判で、最高裁は訴えを退ける判決をした。ラーメン屋のテレビでこのニュースを聞いたが、おかげでせっかくの日本一の味も全くわからないまま、気が付いたら食べ終わってしまっていた。しかも、このニュースを聞きながら、ラーメン屋のおやじが、あったりまえだというような反応をしていたのが実に残念だった。

 私は必ずしも、天皇制や国歌・国旗に賛成する人たちの意見を全くのナンセンスだとは思わないが、天皇制や国歌・国旗に反対する少数の人々に対して、あほじゃないかこいつらはという態度を取り、日本人が日本の国を愛するのは当然だろうというような、自分だけは賢いぞといわんばかりのしたり顔をする奴らが本当に大嫌いである。「保守」と呼ばれる人々にはこのタイプが多い。そして腹が立ったのは、最高裁による判決そのものが、そういう私の大嫌いな態度にお墨付きを与えるような内容だったことである。

 判決文の内容をかみくだいてまとめると次のようになるだろう。①「君が代」を伴奏せよとの職務命令は、「君が代は過去の日本のアジア侵略と結びついている」とするこの教員の歴史観ないし世界観それ自体を否定するものではない。②この状況でピアノ伴奏をひきうけたからと言って、それがその教員が「君が代」に賛成するような思想を持っていることを外部に表明することにはなならない。また、「君が代」斉唱は公立小学校で広く行われているものであって、それは教師や児童に特定の思想を強制するものではない。③地方公務員法によれば、公務員は全体の奉仕者としての公共の利益のために勤務しなければならない。「君が代」の伴奏をすることは、そのような義務の一つだ。④したがって、「君が代」伴奏の職務命令は、憲法19条の「思想及び良心の自由」を侵すものではない。

 判決そのものにももちろん不服だが、このような脆弱な理由しか説明されていなことに非常に腹が立った。こんなのは、要するに上に述べたような類の人たちの意見をそのままなぞっているに過ぎない。わたしは判決文しか読んでいないから、今の時点でこの判決の勝ち敗けそのものについてどうこう言うことは出来ない。言いたいのは、①から③の脆弱な理屈についてである。

 まず①に対して。問題は、「君が代」の伴奏を強制されることによって教員の「歴史観・世界観」が「否定」されるなどということではない。そんなものが否定されたら、それこそ大変なことであって、そんなことをする権利が校長にも国家にもないことはあたりまえのことだ。問われるべきは、自分の思想・信条に反する行動を強制されることの是非である。もし私がその音楽教員だった場合を考えてみよう。私もやはり自分の思想・信条にもとづいて伴奏はしたくないと考えるだろう。もし伴奏を強制されたとしたら、伴奏をすべきではないのに伴奏をしている自分の矛盾に苦しむだろう。校長の職務命令は教員にこのような苦痛を与えるのである。こうした苦痛を重く見るか軽くみるかは、その人がどれだけ誠実に人生を生きているかによって異なる。

 次に③について。公務員法によって、公務員は「全体の奉仕者」としての務めのためにある程度思想・良心の自由を制限されると規定されているのだとすれば、その思想・良心の自由を制限させてでも貫徹すべき公務員として務めとは何かをはっきりさせなければならないはずである。この音楽教師に、そうまでして「君が代」の伴奏をさせなければならないほど、「君が代」斉唱ないしそのピアノ伴奏は「全体」にとって重要なことなのだろうか。それは一部の人だけにとってきわめて重要かも知れないが、ほとんどの国民にとってはどうでもよいことなのではないだろうか。教育には、もっと命をかけてやらなければならないことがあるのではないだろうか。

 最後に②について。ピアノで「君が代」を弾いたくらいで、自分の思想・信条に反することにはならないと言うのか! こういう考えは、儀礼を単なる便宜的な、国民掌握の手段としてしか考えていない為政者のものであったとしても、本当に学校教育を大切に思い、学校行事の一つ一つに心をこめている人のものではない。とくに、「広くおこなわれている」からそれに従えばいいだろうという考えが、本当に、心の底から、徹底的に気にくわない。それは戦前の精神そのものではないのだろうか。国歌・国旗がいかに特定の信条を押しつけるものであるかということは、押しつけている側の人間には永久に分からないのだろう。

 なお、4名の裁判官のうち、一名が補足意見を、一名が反対意見を述べており、それが判決文に付記されている。そこでは、私の考えたようなことに近いことも述べられている。そのような意見がありながら、どうしてこの判決になったのか、裁判に疎い私にはさっぱりわからない。とにかく実に残念である。いずれにせよ、決定的な判決からはほど遠いもののように思える。今後いくつも行われるはずの裁判には期待したい。

 あんまり腹が立ったので、まだ十分に考えがまとまらないまま書いた。今日はとりあえずこのくらいにしておこう。

| | コメント (4)

2007-02-24

原初的心性――プンク・マンチャとぶたぶたくん

 ナンバー546からの突然の電話でふと我に返ると、すでに三ヶ月ほどの時が過ぎていた。早く何か書かないと、ここは廃墟と化してしまう。いやもうすでにそうなりつつある。こういうときは自分が体験した迷宮について書いてみるのが一番だ。子どもの頃の読書体験がその一つだ。大人になって自分の子に本を読み聞かせる中で、どこかを迷いめぐっているような体験が甦ってくることがある。そのあたりのことを書くことからリハビリをはじめよう。

 本の読み聞かせはよくやってきたと思う。主に妻がやっていた次期もあるし、私のほうがよくやっていた次期もある。現在はもっぱら私だ。やらなければならないと思ってやっているのではなく、子どもと本を読むことが単に楽しいし、また声に出してゆっくりと文章を読むことはたいへんに心地よい。絵本を読み聞かせながら、かつて自分が読んだ本と再び出会うこともたびたびあった。その中で、これこそ今の自分を形成したのではないかと思える本が二冊ある。ひとつは『プンク・マインチャ』(福音館書店)だ。これは「こどものとも」傑作集の一つとして復刊されたもので、もとは1968年、つまり私が3歳のときに出た本だ。今見ると、ネパール民謡、大塚勇三再話となっているが、何といっても秋野亥左牟(あきのいさむ)の絵が強烈な印象を与え、そのほの暗い幻想的なイメージは、もはやそれほど本を読まなくなった活発な少年時代を通じても私のどこかに残り、現在に至るまで私の人格の一部をなしてきたとさえ言える。

 もう一つは『ぶたぶたくんのおかいもの』(福音館書店)で、これもかつて「こどものとも」で読んだ本を復刻版で見つけたものだ。こちらは1970年初版だから、5歳の時に出たことになる。絵と文を両方書いている土方久功(ひじかたひさかつ)は、アフリカや南洋の文化に表現の活路を求めた芸術家で、『ぶたぶたくん』の独特の風変わりな絵柄がそのような作者の傾向に由来するのだということは、最近になって初めて分かったことだ。私はぶたぶたくんが買う「かおパン」に子どもの頃ひきつけられたし、今もひきつけられるが、それはわけを知ってしまえばたしかにミクロネシアの島々に伝わるお面なのである。それにぶたぶたくんたちが「あるきあるき」歌う歌も、何やら呪術めいて頭に残るものである。

 おそらく私は毎月「こどものとも」をとってもらっていたか、頻繁に買ってもらって読み聞かせられていたに違いない。しかし、そんな数ある物語の中でとくにこの二つが今も私の手元にあるというのは面白い。どちらも実は原初的な文化とのつながりをその絵柄や物語のうちに隠し持っていて、わたしは意識せずそこに惹き付けられてしまっていたのだからである。

 大人になってから再読した童話を、ついでにもう二つ付け加えておこう。松谷みよ子「スカイの金メダル」(松谷みよ子全集、第1巻、1977年、講談社)と、だれもが知っている中川李枝子『いやいやえん』(福音館書店)の中の「山のぼり」という章だ。前者は、終業式が終わったばかりの男の子がからすの世界に迷い込む、カフカの『城』のような迷宮の物語で、子をもつようになってから、どうしても再読したくなって市立図書館を探し、松谷みよ子全集の中にこの短編を見いだした。久しぶりに読んでも、幻滅することなく面白く読むことが出来た。この全集には他にも不思議な話がいくつもつまっているが、それらのお話を目の前にしたときの「いったい何なのだろう、これは」という幼い頃の自分の当惑のようなものが、同じ本を前にしてまざまざと甦るのを感じた。

 後者は、幼稚園の入学説明会で、初めて出会った先生に読んでもらい、とてつもなく怖かったのをおぼえている。いま読めばどうということはないが、当時四つの山のうち一つの山だけが黒く描いてある大村百合子の挿絵に、わけのわからない恐怖を抱いたものである。この本は道徳的な教訓めいたものをもちろん含んでいるのだが、しかし、続く「いやいやえん」の章も含め、逸脱によって生じる負の出来事の描き方に思わず引き込まれてしまう魅力がある。いやいやえんは二度と行きたくないところではあるが、確かに何か魅力をたたえた場所でもあるのだ。

 忙しい日常生活は、子どもの頃のこんな幻想的な読書体験をすっかり忘れさせる。しかし、子どもに絵本を読み聞かせることで、忘却の彼方にあったものが再び甦ってくる。そのたびに、子どもの頃に読んだこのような本の世界に届くような思索をしなければならないと漠然と考えるが、まだその方策は見つからないままである。

| | コメント (2)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年3月 »