« 原初的心性――プンク・マンチャとぶたぶたくん | トップページ | 神学的見地から »

2007-02-28

ハラワタ、煮えくりかえる

 公立小学校の入学式で「君が代」の伴奏を拒否した女性音楽教員が戒告処分を受けたことを不服とし、処分取り消しを求めた裁判で、最高裁は訴えを退ける判決をした。ラーメン屋のテレビでこのニュースを聞いたが、おかげでせっかくの日本一の味も全くわからないまま、気が付いたら食べ終わってしまっていた。しかも、このニュースを聞きながら、ラーメン屋のおやじが、あったりまえだというような反応をしていたのが実に残念だった。

 私は必ずしも、天皇制や国歌・国旗に賛成する人たちの意見を全くのナンセンスだとは思わないが、天皇制や国歌・国旗に反対する少数の人々に対して、あほじゃないかこいつらはという態度を取り、日本人が日本の国を愛するのは当然だろうというような、自分だけは賢いぞといわんばかりのしたり顔をする奴らが本当に大嫌いである。「保守」と呼ばれる人々にはこのタイプが多い。そして腹が立ったのは、最高裁による判決そのものが、そういう私の大嫌いな態度にお墨付きを与えるような内容だったことである。

 判決文の内容をかみくだいてまとめると次のようになるだろう。①「君が代」を伴奏せよとの職務命令は、「君が代は過去の日本のアジア侵略と結びついている」とするこの教員の歴史観ないし世界観それ自体を否定するものではない。②この状況でピアノ伴奏をひきうけたからと言って、それがその教員が「君が代」に賛成するような思想を持っていることを外部に表明することにはなならない。また、「君が代」斉唱は公立小学校で広く行われているものであって、それは教師や児童に特定の思想を強制するものではない。③地方公務員法によれば、公務員は全体の奉仕者としての公共の利益のために勤務しなければならない。「君が代」の伴奏をすることは、そのような義務の一つだ。④したがって、「君が代」伴奏の職務命令は、憲法19条の「思想及び良心の自由」を侵すものではない。

 判決そのものにももちろん不服だが、このような脆弱な理由しか説明されていなことに非常に腹が立った。こんなのは、要するに上に述べたような類の人たちの意見をそのままなぞっているに過ぎない。わたしは判決文しか読んでいないから、今の時点でこの判決の勝ち敗けそのものについてどうこう言うことは出来ない。言いたいのは、①から③の脆弱な理屈についてである。

 まず①に対して。問題は、「君が代」の伴奏を強制されることによって教員の「歴史観・世界観」が「否定」されるなどということではない。そんなものが否定されたら、それこそ大変なことであって、そんなことをする権利が校長にも国家にもないことはあたりまえのことだ。問われるべきは、自分の思想・信条に反する行動を強制されることの是非である。もし私がその音楽教員だった場合を考えてみよう。私もやはり自分の思想・信条にもとづいて伴奏はしたくないと考えるだろう。もし伴奏を強制されたとしたら、伴奏をすべきではないのに伴奏をしている自分の矛盾に苦しむだろう。校長の職務命令は教員にこのような苦痛を与えるのである。こうした苦痛を重く見るか軽くみるかは、その人がどれだけ誠実に人生を生きているかによって異なる。

 次に③について。公務員法によって、公務員は「全体の奉仕者」としての務めのためにある程度思想・良心の自由を制限されると規定されているのだとすれば、その思想・良心の自由を制限させてでも貫徹すべき公務員として務めとは何かをはっきりさせなければならないはずである。この音楽教師に、そうまでして「君が代」の伴奏をさせなければならないほど、「君が代」斉唱ないしそのピアノ伴奏は「全体」にとって重要なことなのだろうか。それは一部の人だけにとってきわめて重要かも知れないが、ほとんどの国民にとってはどうでもよいことなのではないだろうか。教育には、もっと命をかけてやらなければならないことがあるのではないだろうか。

 最後に②について。ピアノで「君が代」を弾いたくらいで、自分の思想・信条に反することにはならないと言うのか! こういう考えは、儀礼を単なる便宜的な、国民掌握の手段としてしか考えていない為政者のものであったとしても、本当に学校教育を大切に思い、学校行事の一つ一つに心をこめている人のものではない。とくに、「広くおこなわれている」からそれに従えばいいだろうという考えが、本当に、心の底から、徹底的に気にくわない。それは戦前の精神そのものではないのだろうか。国歌・国旗がいかに特定の信条を押しつけるものであるかということは、押しつけている側の人間には永久に分からないのだろう。

 なお、4名の裁判官のうち、一名が補足意見を、一名が反対意見を述べており、それが判決文に付記されている。そこでは、私の考えたようなことに近いことも述べられている。そのような意見がありながら、どうしてこの判決になったのか、裁判に疎い私にはさっぱりわからない。とにかく実に残念である。いずれにせよ、決定的な判決からはほど遠いもののように思える。今後いくつも行われるはずの裁判には期待したい。

 あんまり腹が立ったので、まだ十分に考えがまとまらないまま書いた。今日はとりあえずこのくらいにしておこう。

|

« 原初的心性――プンク・マンチャとぶたぶたくん | トップページ | 神学的見地から »

コメント

この手の判決が出ると、いつも私も不愉快になります。ただ、この件について(だけというわけではありませんが)思うのは、つくづく原告の裁判の闘い方が上手くないなあ、ということです。弁護士も、この手の裁判では、高裁の段階で決着をつけなければどうしようもない、最高裁で勝てる見込みはとても低いことぐらい分かっていてもよさそうなものなのにな、と思いました。

地裁または高裁で損害賠償請求の訴訟を起こし、損害賠償に対しては当然敗訴は覚悟するものの、実質的には原告の主張が正当なものとして判決文に記されるという、所謂「負けて勝つ」戦法でもとらないと、この手の裁判には勝てないのではないかと思います。もちろん、これは正攻法ではありませんよね。正攻法で裁判に勝つことが、もちろん正しいのですが、これまでの判例を打ち崩すには、「原告の主張には理があるのだけれど、君の損害賠償という請求に対する判決としては負け」という趣旨の判決文を残すことを重ねていくしか、もはや方法がないのではないかと思います。その点、今回の判決に各1名の補足・反対意見はありがたいと思います。

日本人も、それ以外の国民も、日章旗を見て嫌な気分になったり、君が代を聞く(あるいは歌う)人々が「これは何を、誰のことを賛美して歌っているのかさっぱり分からん」と疑問に思う人口が、少なからず存在するところの旗や歌が、国旗や国家とされてしまったことからして間違いだったのです。つまり、日本人間における合意が得られていない旗や歌を、国旗・国歌とする、とごり押しで決まってしまった、あの1999年(でしたっけ?)の出来事が、私には一番納得がいきません。

とりあえず今度の都知事選では、現職知事を当選させないことも、この問題への改善に繋がるのではないかと思います。

投稿: トロウ | 2007-03-03 14:14

なるほどそういうものですか。ただ、靖国問題などの場合は敗訴しても違憲という憲法判断を引き出せればいいのでしょうが、国旗・国歌の場合は学校の現場で実際に先生たちが実際に窮地に立たされるので、やはり勝たないといけないんじゃないでしょうか。

国旗・国歌法は今から思えば痛かったですね。1999年、あのころ自分は何をしていたんだろうと思います。下の子が生まれた年です。経済問題が深刻で、そちらに気をとられているうちに、いつのまにか成立していたという感があります。

投稿: 桶川利夫 | 2007-03-04 00:12

かなり遅い書き込みで申し訳ないです。
私は少し違った観点で感じた事をコメントさせて頂きます。

気持ちは解らなくも無いのですが、公務員では無い私の立場からして見れば、入社時に専門スキルを取得してるが故に配属して貰った部門で、その業務を拒否すれば普通クビですし、存在意義も無くなるので普通拒否しません。作業の内容によっては拒否したくなる物件もありますが、「仕事」です。時には信念を曲げてでも仕事をこなす事もあります。ただし一通りこなした上で自分の気持ちを上司と話し合いをするのが社会人としての筋だと思いますし、その為に「上司」が存在する筈だと思います。

職場に私情を挟んでこのような事態になってしまうと、このような事があった学校・先生の元に入学してくる子供達が、かわいそうで仕方ありません。折角の人生のスタートを祝う行事なのになぜ、一番に子供を想う観点で行動とれないのか・・・。

罰を与えた学校・指示を拒否する先生、教職に立つ者として「自分の仕事とは何が一番大切なのか」を良く考えてください。国歌を歌う歌わないとか国に対する気持ちを議論する以前の問題ではないかと、情けなく思います。

投稿: ユキ | 2007-07-15 05:30

 ユキさん、コメントありがとうございます。

 多くの人がそのように考えているのでしょう。ラーメン屋のおやじの考えもおそらくそうなのだと思います。おっしゃるとおり、一般の会社員の場合、会社からの命令がたとえ「おかしい」と感じても「私情」を押さえてそれに従わなければならないことがあります。もしミートホープ(レス)のように会社が不正をやっている場合に、それに服従しないで告発するには、会社をやめる覚悟が必要です。

 では、公務員である教師が国歌・国旗を拒否することを、それと同じレベルで捉えことが出来るでしょうか。私は出来ないと考えます。公務員は確かに職務上の義務に従わなければならないことになっています。しかし、その職務とは利益共同体の会社の場合とは異なって、国民全体の公共の福祉に仕えることです。そこで、何が国民の公共の福祉であるかということが重要な問題となるでしょう。

 「君が代」や「日の丸」を苦痛だと感じている人がいるのに、小学校の入学式のように誰もが参加を拒むことの出来ないような場で、それを「国民の義務」であるかのように参加者全員に対して要求(強制に近い)すること。これは憲法が定めている国や地方自治体の本来のありかたから外れているし、人間社会のあるべき姿からはずれています。つまり公共の福祉に反する行為です。したがって、人はそれを拒否するべきだし、教師が自分の本分を考えるなら、それが誤っていることを示す義務があります。

 公務員というもののとらえ方は、その国家のありようによって違うはずですが、日本は「日本国憲法」に規定されているような国家です。そこには主権が国民にあると明記されています。国家はあくまで国民のためにあります。しかも、「国民」という言葉の内実は「人民」に近いもので、世界のあらゆる人々という意味に近いものです。前文には、「いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」と書かれています。公共の福祉とは、日本国民だけのことを考えるということではないのです。そこが戦前の憲法と根本的に違うところです。「君が代」の荘厳なメロディーで入学式をすることは、日本人の大多数にとってはよいのかも知れないが、それを苦痛と感じる少数者、また他国の人々にとってはそうではない。そして、戦後の日本国憲法では、そのように一部の人たちの苦痛と引き替えに得られるような利益を「公共の福祉」とは呼んでいません。

 公務員は国家に仕えるのですが、その国家が公共の福祉に仕えるものである以上、公務員は公共の福祉に仕えなければなりません。国家のあり方が、ときに公共の福祉に反する場合には、むしろ国家のありかたに異義をとなえることは、公務員の――というよりも国民の――義務なのです。もし私が公立小学校の音楽の教師で、国歌斉唱の伴奏をせよと命じられたら、私は拒否すると思いますが、それは公的な場で私情を優先させるためではなく、むしろ人としての義務に従うためです。

 正直なことを言えば、私は個人の趣味のレベルでは「君が代」も「日の丸」も嫌いではなく、むしろ他に際だって渋いメロディであり、シンプルかつ斬新なデザインだと思ってしまいます。しかし、「君が代」の歌詞について考え、「日の丸」が戦時中にはたしてきた役割を考えるとき、これを全ての国民に押しつけるのは誤りであるとの結論に達します。だから、私が君が代の伴奏を拒否するのは、「私情」どころかむしろ「義務」なのです。誰が好きこのんで、校長、先輩教師、PTAの反感を買うような行為を取るでしょうか。それは公立小学校の教師としての義務に従うことなのです。

 今回の原告側が、伴奏拒否の行為の意味をそのように説明できているかは疑問です。話を聞いたかぎりでは、どうも教師にも信教の自由があって、それを守るために拒否するのだといったニュアンスのように思えます。しかも、その場合の信教の自由というのが、非常に個人的な趣味のようなイメージを与えてしまっているように感じられます。だから、公的な場に個人の私情を持ち出して子たちに迷惑をかけているかのような印象を与えてしまう。私は裁判のことは分かりませんが、こうした告訴の仕方が、教師達の行動の意味を適切に伝えているかどうかには疑問をもちます。その意味では、私は今回の裁判での教師側の主張を必ずしも擁護するものではなく、公立学校で日の丸や君が代を拒否している教師達の立場一般を擁護したいのです。

 ユキさんは、おそらく教師たるものの本分は何かを問うておられるのでしょう。しかし、むしろ<教職に立つ者として「自分の仕事とは何が一番大切なのか」を良く考え>るからこそ、国旗や国歌が素直に国民に受け入れられない理由が存在することを子どもたちに身をもって示さなければなりません。教師がそこで式典をスムーズに進行させるために信念を曲げることがあるとすれば、それこそが自分の職務を放棄することになると思います。

投稿: 桶川利夫 | 2007-07-17 14:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原初的心性――プンク・マンチャとぶたぶたくん | トップページ | 神学的見地から »