« 駒落ちにかわる究極のハンディキャップで、これは面白い息子との将棋 | トップページ | ないものはない »

2007-05-09

駒落ちにかわる究極のハンディキャップで、これは面白い息子との将棋――Ⅱ

 さて、いよいよ第二戦。今度は私が先手だ。王を囲おうと思って金をあげた瞬間に息子の歩が二つ進む。「あ、やばい」と思って、角道を挙げると、次の瞬間には角の前の歩をとられた。角は逃げたものの、そのあと桂馬、銀ととられ、そしてその銀で王手!=負け。考えてみれば、王手は何も飛車や角で遠隔からする必要はないので、王の鼻先に銀をおけばすむわけだ。われながら、こんなことに気づかないとは。

 というわけで、このハンディだと相手に持ち駒を持たせた時点で負けになることが分かった。勝とうと思った私が馬鹿だった。逆に相手がこのハンディを負てくれれば、私でも羽生さんに勝てる。(と思う)。

 いずれにしても、息子との将棋にこのハンディは使えない。そこで新しい案を考えた。2手はきついから、1.5手にするのだ。実際には2手打った後は1手というように交互に打つ。これなら、何とかなるかも知れない。

|

« 駒落ちにかわる究極のハンディキャップで、これは面白い息子との将棋 | トップページ | ないものはない »

コメント

まず、桶川くんのとこの坊やがもう小学校三年ということに驚いたカオリンです。

そして、このハンデがあれば本当に羽生に勝てるのか?ということに大変興味があります。
将棋のルールについてぜんぜん知らないくせに、新聞の将棋の対戦欄を熱心に実は読んでいる私なのです。
なんとか対戦相手になってくれる、トンマ、じゃなくて、酔狂なプロ棋士はいないでしょうかねえ。

投稿: カリメロ | 2007-05-10 12:30

あ、HNを間違えてしまいました。
カオリンじゃなくて、カリメロです。

投稿: カリメロ | 2007-05-10 12:31

カリメロ=カオリン。
自分でばらしましたね(笑)。
抜け目のないあなたにはめずらしいことに。

僕は相当将棋は弱いんですが、このハンディなら勝てるんじゃないかと思うんですが……。名人級の人の強さが全くイメージできないので、なんとも判断がつきません。100手くらい先を読まれて、負けるんでしょうか。

しかし今の問題は、「三年生の坊や」に1.5のハンディで勝てるかです。まだやっていません。

投稿: 桶川利夫 | 2007-05-11 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 駒落ちにかわる究極のハンディキャップで、これは面白い息子との将棋 | トップページ | ないものはない »