« 青い空、緑の稲、赤いトタン | トップページ | なぜ人を殺してはいけないか(12)――合田正人ほか »

2007-08-04

トタンで巡る古都の旅

 S国からの帰りにK都に立ち寄った。K都には修学旅行以来ことあるごとに行っているが、いつも何かの用事があって、観光らしいことはほとんどしていないに等しい。今回ははじめからポイントを決めて、宿もその付近に取り、ゆったりと散歩することにした。

 夕方宿に荷物をおくと、平安神宮あたりから、銀閣寺へ向けて「哲学の道」を歩く。パンフレットには昔西田幾多郎が歩いたのがその名の由来だと書いてある。しかし想像していたのとはかなり違って、西田哲学の雰囲気はすでになく、むしろ彼女とのデートに最適に思える。つまり、なんかカワイイ感じ。私は妻と二人で気持ちよく歩くことが出来た。ただし銀閣寺に着いた時にはすでに門は閉まっており、中を見ることはできなかった。法隆寺の時もそうだったが、すでに門が閉まった後の寺院周辺の不思議な雰囲気が私は好きなので、それはそれで中を見るめんどうがはぶけてよかった。

 それから西へしばらく歩くと左手に黒々とした木々の茂る小山が出現。どうやら吉田神社のようだ。主要道路から一本脇に入って神社の森にそって進んでいると、道端にたたずむ妖婆に声をかけられる。もう歩く時間ではないから、早く帰れと言っている。顔はにこやかだが、ここはおまえたちの来る場所ではないと言っているように思える。私は小学生になったような気分で、「すいません」と謝り足をはやめる。神社がとぎれる間もなくK大の高い塀に突き当たると、裏戸から構内へすべり込む。吉田神社に接しているせいか、K大も含め、このあたりは何か異様な空気がただよっている。わがK越で言えばK高の裏あたたりの雰囲気だ。ああ、こういう環境(どういう環境?)で学生生活を送るK大生がうらやましい。そう思いながら正門から大学を出て、さらに鴨川までひたすら歩く。

 すでに日はとっぷりと暮れて、深い藍色に変化した水面に街の灯が一つ、二つと映っている。食事の出来る店を求めて川の向かい側に渡ったところに垢抜けた教会が一つある。K都バプティスト教会、なんと白頭庵氏の行っているところではないか! O先生のお名前が書いてあるので間違いはない。白頭庵氏は今頃はN古屋だから、ここにはいないだろうが、氏のブログには鴨川を散歩するシーンが出てくる。氏が教会からふらっと川ぞいに出ていく情景を想像する。疲れ切ったわれわれは、教会の前の店で遅い夕食をとることにする。静かでとてもよい店だった。

 全部で5キロほど歩いただろか。おかげでK都の町並みを私なりに堪能できた。いろんな点でK越に似ているが、やはり規模の点で圧倒的であることと、山が近いことが決定的に違っている。歩きながらふと覗き込む横道がいちいち魅力的な表情をたたえていて、こんな横丁がK都中にいくつあるのかと考えると、やはりさすがとしかいいようがない。いつか友人がパリに行ったとき、写真を撮る気がしなくなったと言っていたが、K都も同じだ。撮ろうと思えば、見た物すべてを撮らなくてはならなくなる。

 しかし私にはテーマがあった。トタンだ。トタンという主題があれば、撮影対象を絞ることができる。K都のような街にはたしてトタンがあるだろうかと思っていたが、この点についてもK都はなかなかのものであった。古い町並みにとけ込んでいくつかのすばらしいトタンに出会うことができた。以下、それらを一挙大公開だ。なお、この中には白頭庵氏の教会の近所の物件も含まれている。

220_2010c

220_2075c

220_2096c

220_2097c

221_2104c

221_2118c

221_2127c

|

« 青い空、緑の稲、赤いトタン | トップページ | なぜ人を殺してはいけないか(12)――合田正人ほか »

コメント

何と、K都に来られていたとは。しかも、K都に来てなおトタン!

K都の場合、かつての横長の町屋形式で数棟つながっていた家を断ち切って独立物件にすることが多いため、その断面を覆うべく、屋根の傾斜に対してストンと垂直面のトタンが多用されます。4枚目や6枚目がその好例ですね。屋根も途中で断ち切られるため、屋根がトタンの壁側にはみ出さないのですよ。4枚目のトタン最上部に残る白壁はオリジナルの壁(=横に存在していた家よりも高いところにあったので、横の家と接触していなかった壁部分)で、トタン部分は横にかつてあった家の壁の形のみを留めている可能性が高いです。

投稿: pensie_log | 2007-08-04 01:21

ほんとは嵯峨野のプチ怖道か比叡山麓の砂防ダムでも見てきたかったのですが、初心者にはとても無理。ありきたりなところで我慢しました。

ところで、K都のトタンの成立にそのような事情があったとは、考えても見ませんでした。もしかして4枚目と6枚目ではなく、5枚目と7枚目ででしょうか? 特に7枚目は途中で切れている感じがします。

そのように意識して見ると、K越でも同じような物件がありそうです。

投稿: 桶川利夫 | 2007-08-04 08:47

ありゃすみません、数え間違えました。ご指摘のとおり、5枚目と7枚目です。

投稿: pensie_log | 2007-08-04 16:04

うちの教会の近くにもトタンのある風景があったのですか。

さとうさんのおっしゃるように、K都のトタン風景は、「うなぎの寝床」と呼ばれる独特の町屋の建て方に由来しているようです。
所有者の代がかわって、古い町屋が売り払われ、その跡地が駐車場にでもなると、隣接している町屋の壁面が露出してしまうので、それをトタンで覆ったのでしょう。
ちなみに、K都では、その改修費は解体した側が支払う慣わしになっているようです。トタンではなく、古い町屋に合わせてきれいに仕上げてあるところは、隣家あるいは業者が良心的だったところだと思われます。

次回は、是非、音羽川の砂防ダムを訪れてみてください。
途中までは、整備された散策路になっています。初心者でもOKです。
藪の中に入っていって、手ごろなクヌギの木を見つけて力いっぱいケリを入れると、運がよければクワガタやカブトムシが落ちてきます。北山には、ミヤマクワガタのいるところもありますよ。でも、最近はゴキブリが多いです。ムカデやハチも多いし、吉田山にも東山にもマムシがいますから、本気モードで行くときは、長袖、長ズボンに軍手をお勧めします。
うちのムスメの通う小学校も音羽川沿いにあるけど、そのあたりはただのU字溝になっていて、面白くもなんともありません。

ところで僕がS玉県に住んでいた頃は、K越市の名門K高は、K口市の県立K高と区別して「カワタカ」と呼ばれていました。K口市の県立K高は「カワコウ」で、市立K高は「イチカワ」でした。今は何と呼ばれているのでしょう。
懐かしいです。

投稿: 白頭庵 | 2007-08-06 23:22

白頭庵氏はそっち側ですか。よくわかんないけど、私が歩き回ったのとは逆側ですよね。K都は適度に広くていいですね。ほんとは一番住みたい場所です。盆地で暑いといいますが、私の故郷(T岡)に似てるんです。山でかこまれているところが落ち着きますよ。K越は山がないのでどこか空虚で不安な感じがしてしまいます。

ミヤマは子供の頃はよくとったものです。ノコギリは少なくて希少価値がありました。関東では逆にノコギリがありふれていて、ミヤマは貴重です。ちなみに、蝉はK都でもT京でもアブラゼミでしたが、S国はクマンゼミでした。さらに山奥に行くとヒグラシで、エヴァンゲリオンの世界です。

K高はいまもカワタカです。K口高校と区別するためだったとは知りませんでした。ちなみに、K越にも市立K高が出来たのですが、それはなんと呼ばれているか知りません。

投稿: 桶川利夫 | 2007-08-12 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青い空、緑の稲、赤いトタン | トップページ | なぜ人を殺してはいけないか(12)――合田正人ほか »