« 民衆宗教へ | トップページ

2015-12-19

民衆の神 キリスト

 前回紹介した本が18日についに出版されました。野呂芳男『民衆の神 キリスト:実存論的神学完全版』ぷねうま舎(5600円+税)です。

Img_2253

 1964年に出版された名著『実存論的神学』の再刊です。2001年に著者自身が『実神』の改訂版を計画し、出版の手前までいっていましたが、諸般の事情により実現しなかったものです。今回は旧版出版から41年、改訂版の執筆からは約15年の月日を経て、旧版とがらりと雰囲気を変え、読みやすい形での出版となります。


 一番大きな変化は、旧版にはなかった二つの章が書き加えられた点です。この二つの章には、『実神』以降に生じた野呂神学の大きな転換によって、著者の神学思想にどのような変化が起こったかが存分に語られています。

 それだけではなく、全体が二段に組まれた上、こまかい節に分けられ、それぞれにタイトルまでつけられています。言葉づかいや漢字なども現代風に改められました。初めて読む人にとっては、かなり読みやすくなっていると思います。

 私のように旧版に親しんだ者にとっては、別の本を読んでいるかのような印象です。私の持っている『実神』(旧版)は、赤や青や黄色の線や書き込みでいっぱいで、どこを開けてもすぐに「ああこの箇所か」とわかるようになっているのですが、この新版ではそういう見当がつかず、まるではじめて見た文章のように思えます。もういっぺん新しい気持ちで読むよい機会かも知れません。

 詳しくは解説に書いていますので、それを読んで下さい。林昌子さんの「後序」では、野呂先生の生涯と思想が短く語られています。各図書館に1冊、各家庭に1冊。みなさんどうぞ買ってくださいね。

|

« 民衆宗教へ | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民衆宗教へ | トップページ