2007-03-28

「屋根裏のネットワーク」は必要か?

 このブログを開設して1年が経った。公にする前の屋根裏の思考にもネットワークがあってもよいのではないか、というのが当初の目論見だった。メンバーの離散によって困難になった「文明と宗教」研究会の活動を、ネットを使って行うという意味では、それはなかなかうまくいったと思う。ブログによる関わりがなかったら、この研究会は1年間ほとんど何の活動も出来なかったに違いない。メンバーの方々の論考や日々の活動の様子を読むことは大変有益だったし、大きな刺激にもなった。また、私自身の研究についても、いろいろな貴重な意見をもらい、自分自身が鍛えられたと思う。

 ただ、「屋根裏のネットワーク」という発想についてはネガティブな意味での反省もある。「屋根裏部屋」というものは、ものを考える人間にとって必要な空間だと思う。言いかえれば、それは思考する者にとっての孤独の大切さを意味している。思想を他者へ伝達することも、他者から批評をうけることも、また他者と交流することも重要である。しかし、思想は最終的には個人が一人で担うべきものである。誰も他人の思想を担うことは出来ない。ものを考える人間は、どこかで完全に孤独になって、自分の思想を問いつめる場面が必要なのである。もし、それが「屋根裏部屋」なのだとすれば、それを他の「屋根裏部屋」とつなげようとすることは矛盾かも知れない。

 先日、アニメの宮崎駿監督の創作現場に密着取材するというNHKの番組をやっていた。10年前に『もののけ姫』の映画が作られた時、「『もののけ姫』はこうして生まれた」という6時間半に渡るドキュメンタリーが作られたが、私はそのフィルムが好きで、これまでに繰り返し見てきた。今度の番組も、その続編のようなつもりで見た。しかし、今回大きく違ったのは、スタジオ・ジブリに制作体制が出来、多くのスタッフが共同作業に入る以前の、構想段階での宮崎氏のアトリエを取材しているということである。

 氏は10年前のフィルムとは異なって、終始きわめて無愛想で、不機嫌であった。最初私は、10年の歳月がそうさせているのかと思った。あるいは取材しているの人物との相性の違いなのかとも思った。だが、やがてそうではないことに気づいた。先の映画と今回の番組は全く取材の対象となっている空間が異なっていたのだ。今回、カメラが入ったのは、いわば宮崎駿の「屋根裏部屋」である。それはスタジオ・ジブリという社会的な場所ではなく、宮崎氏個人の全く一人きりの秘密の空間であって、そこで行われていたのは、氏の全く孤独な一人の作家としての作業だったのである。本来いてはいけないところに取材者がおり、あってはならないところにカメラがあった。

 番組の終わりの方で、氏は取材者の不躾な質問に対して怒りをあらわしながら、不機嫌さと創作の関係について語っていた。自分は本当はいつも不機嫌でいたい人間なのだ。でも、それじゃあならないなと思うから笑顔を浮かべている人間なのだ。そして、映画はそういう時間に作られるものなのだと。このことは、映画であっても論文であっても変わらないのではないだろうか。交流や相互批判も大切だが、この不機嫌な孤独の時間がなければ、それは意味がないのではないだろうか。

 事実、わたしは本当に悩みぬきながら考えている時にはブログを書いていない。人のことはわからないが、たとえば白頭庵氏の「鬱」などにもそういった意味あいがあるのではないかと想像する。「屋根裏部屋」とは本当はそういう空間なのである。

 このブログをやめるつもりはない。ただ、こうしたブログを作ることによって、思考という行為にともなう孤独から逃れられるというような幻想は戒めなければならない。人はみな一人で死ぬように、私はやはり一人で考えなければならないのだ。ネットワークは有用だが、孤独な思考作業のかわりには決してならない。それがこの一年で学んだことだ。

 一年目を終えるにあたり何だか非常に否定的なコメントになってしまいましたが、これからもどんどん積極的に投稿していくつもりなので、皆様もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2006-05-20

ようこそトロウ氏

 「文明と宗教」研究会に、トロウ氏がご参加くださいました。氏の専門はキリスト教神学。キリスト教会ユーカリスティアの牧師でもあります。

Cafe Eucharistia http://blog.goo.ne.jp/mamedeifque

このブログは教会のWebカフェということですが、ここを使って今後は、研究会用のネタも書いていただけるのではないかと期待しています。

 トロウ氏は、いま研究会で話題の中心になっている野呂先生の最後の弟子にして一番弟子とも言うべき方です。野呂先生には青山時代、立教時代を含めて数多くの弟子と呼べる方々がおられますが、どなたも野呂先生の思想を忠実に受け継ぐといったタイプではなく、それぞれ独自の思想を切り開いて活躍されています。言い方を変えれば反逆者ばかりといったところです。林さんは個性の強さという点ではそれらの先輩達にひけをとらないものをもちつつも、彼らとは正反対に野呂神学に過激にほれこむという形でそれを表現されてきました。その点で、「野呂学派」(そんなものはないが)の中で希有な存在と言えましょう。

 野呂先生が立教で教えられた最後の年、私は大学院(組織神学専攻)の1年でした。先生は退官後、大学からはきれいさっぱり縁を切られましたから、私こそが先生に組織神学を習った「最後の弟子」と自負しておりました。その時、トロウ氏は学部生。しかし、学部生は当然「弟子」の範疇には入らない、と私は理解していました。……ところが、彼女はすでにその時大学院のゼミにもぐりこんでいたのです! そういえばいました。ゼミ室の奥の席に、物静かに座る一人のギャル(時代は80年代の終り)が。そして、野呂先生を主査にして学部生とは思えない卒論を書き、野呂先生が卒業されたドゥルー神学校へと留学されたのです。

 そういうわけで、私は、「最後の弟子」の称号を、あの時ゼミ室で見かけた静かな鋭い眼差しの女の子に奪われることになったわけです。しかし、その後の彼女の歩みを見るならば、「最後の弟子」だけではなく「一番弟子」の称号もかっさらっていったと言わざるを得ません。まさに野呂神学に実存をかけてのめりこみ、野呂神学に基づいた教会を設立されたのですから。弟子一同、誰も文句はいえません。まあ、野呂先生は子分をつくらない、学派を形成しない学者の典型のような方なので、こんな話は意味のないことではありますが。

 「文明と宗教」研究会は、別に野呂神学研究のサイトではないのですが、最初に出た話題が野呂―日比野論争だったこともあって、これまでは野呂先生に関する議論が多くなっています。(そのうち違うことも書きます)。トロウ氏は野呂神学をめぐる勝手なやりとりを、どう見ておられるのでしょう。いろいろ言いたいことがあるのではないでしょうか。今後は、是非議論に加わっていただき、熱く語っていただきたいと思います。 ( ちなみに、どういうわけか氏のブログでは野呂先生は「Dr.大福」、氏は「豆大福」となっており、かなり笑えます)。

 なお、いよいろ野呂先生による日比野さんへの再々批判が出ました! 「人生の諸段階(キルケゴール)について」というタイトルで、野呂芳男ホームページに掲載されています。お二人の論争の一番根底にある問題が論じられています。宗教性Aと宗教性Bをどう見るのか。先生がそこで示されている見解は、バルトやブルトマンに影響されて私などが漠然と考えていた理解とはやや異なったもので、とりわけ後期の野呂神学を考える上では大変興味深いもののように思います。それについてはまた改めてとりあげることにします。

| | コメント (10)

2006-05-13

ようこそSHさん

 すでにコメントの形でブログ研究会に参加下さっていたSH氏が、いよいよブログをスタートされました。

Contemplation in the Runaway World
「文明と宗教」研究会における研究発表とアメリカ留学生活の紹介

SH氏は、アンソニー・ギデンズ、宗教倫理、宗教社会学といったテーマを中心に研究されており、オフラインのころからの研究会の中心メンバーでしたが、現在は米国のクレアモント大学院に留学中です。

研究テーマに関することもさることながら、留学先の様子などもリアルタイムでお知らせいただけるようなので、こちらは気楽に疑似留学を楽しめるのではないかと期待しています。

それにしても、期末試験やレポートが終わったところとのこと。うらやましいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006-05-09

ようこそ佐藤さん

 以前からメールなどでやりとりのあった佐藤啓介さんに研究会への参加をよびかけたところ、参加いただけることになりました。専門はフランスやイタリアの宗教哲学で、私とはリクールつながりの知り合いです。ブログを読めばわかるように、専門分野ばかりではなく、考古学やモノ研究などでも注目され活躍中の若手研究者です。また佐藤さんは、Pensier_logという一日千件もアクセスがある人気ブログを持っておられます。その内容は広範囲にわたるものですが、研究会へはそのブログを通して、参加していただけると思います。すでに、そのブログに下のような記事を書いて下さいました。

http://blogs.dion.ne.jp/pensiero/archives/3362650.html

 今後、まわりの方々に研究会への参加をお誘いしようと思っていますが、佐藤さんも含め誰もが密度の濃い参加の仕方を出来るわけではありません。「研究会」とか「メンバー」というと何か拘束力のありそうなイメージですが、実際にはきわめて自由度の高いつながりと考えています。好きな時に記事を書き、好きなときにコメントをつける。ただ、ネット上の不特定多数の関係よりは少しだけ濃い関係といったところでしょうか。

 ところで、佐藤さんからはコメント以外にもトラックバックによる応答が有効であることをお聞きしました。われわれの議論ではこれまでほとんどこの機能を用いてきませんでしたが、確かにトラックバックを使えば、他者の議論に対する応答を、自分の記事(エントリー)の文脈の中で扱うことが出来ます。ちょっとやってみてもいいかも知れません。

| | コメント (0)

2006-04-05

ブログでの研究会の意義

 今回、意識して他の人たちのブログなどを見ていると、いろいろ考えさせられることがあった。ブログでは、関心のある人たちが自由に関わりあうことが出来るようである。だったら、わざわざ研究会のメンバーを決める必要はないのではないか……という疑問が起こってくるかも知れない。そこで、この疑問について一応答えを与えておきたい。

 ブログの大きな魅力の一つは、うまくいった場合には、個人と個人が組織や制度上の隔たりを一挙に越えて、いきなり核心に関わる議論をかわすことが出来るところであろう。こうした面から見れば、ブログ間のそうした自由な関わりに、「研究会」という従来型の組織を持ち込むことは、せっかくの利点を殺してしまうようにも見える。

 しかし、多くの場合、ただブログを作るだけでは、それほど手応えのあるコメントも期待できないだろうし、たまたまコメントがついても、感想以上に議論が深まることは希であろう。もちろん、普通の日記サイトとしてはそれで十分すぎるほどなのであるが、研究者間の議論に使う場合にはちょっと物足りない気がする。そこに「研究会」という枠を持ち込むことの利点がある。少なくともメンバーの間では、互いの議論に関心を持ち、意識して議論を行おうとすることで、ブログが個人の自己満足、自己完結に終わらないようにするという効果があるのだ。

 まあ、まだ始まっていないブログ研究会の意義について、これ以上予想で語っても無意味かもしれない。とにかくやってみて、あとはそれから考えていこう。

| | コメント (0)

2006-04-02

著作権に関するご注意

 当ブログ内に掲載されている記事やコメントなどの文章の著作権は、記事、コメントの投稿者本人にあります。これらの情報は、「私的使用」または「引用」など著作権法上認められている場合を除き、無断で転載、複製、放送、公衆送信、翻訳などの利用をすることはできません。

(C) 2006, Toshio Okegawa, All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 当サイトは、研究会の議論を主な目的として立ち上げられたものです。したがって、「記事」はもとより「コメント」として寄せられる文章においても、その著作権が十分に守られる必要があります。また、それが含む思想、アイディア、研究成果、発明、発見に関しても、その帰属が投稿者にあることにご注意下さい。

 なお、当サイトが利用しているブログサービス「ココログ」(ニフティ提供)の利用契約書には、著作権に関して次のように記されています(2006年3月現在)。

第11条(ニフティによる利用)
ユーザーが作成 したblogに係わる著作権は、原則としてユーザーに帰属しますが、ユーザーは、ニフティが次の各号の範囲内でblogの利用を行うことを承認します。
(1)サービスの広告・宣伝、利用促進の目的の範囲内で、blog上のテキスト、画像等の情報(メタデータ(RDF Site Summary形式等)で配信された情報を含み、以下「情報」といいます。)を、ニフティが管理・運営するWebサイトに掲載すること。
(2)他のユーザーが希望した場合、当該他のユーザーが管理・運営するblog上に情報を掲載できるようにするためのココログの機能を提供すること。

 これによると、当ブログに掲載された全てのコンテンツ(「記事」、「コメント」など)の著作権は、「ユーザー」に帰属するとされています。当サイトでは、「ユーザー」に当たる桶川利夫が投稿した「記事」の著作権は私桶川利夫に、また「記事」に対して投稿される「コメント」の著作権は投稿者本人に帰するものとします。

 ただし、これは投稿された文書を保存しておく義務が管理者にあるということを意味するものではありません。したがって、管理者(桶川利夫)は、議論に対して不適切、無関係と思われる「コメント」、「ココログ(フリー)利用規約」の第8条に挙げられている禁止事項に反すると思われるような「コメント」を、投稿者に連絡なしに削除することがあります。また、管理上の都合により、「記事」を削除したり、サイトを閉鎖することがあるため、それにともなって「コメント」が削除されることがあります。その点を念頭においた上で、「コメント」を投稿して下さるようお願い致します。

 なお、ご不明な点がございましたら、管理者にメールにてお知らせ下さい。

| | コメント (4)

研究会のサイトを作りました

  「文明と宗教」研究会のサイトを一応作りました。ここには各メンバーのブログへのリンク集を置きたいと思います。議論は各自のブログ内でなされるわけですが、それだと一つの研究会としての同一性が明瞭ではないので、研究会のサイトにメンバーの氏名(ハンドル名)を掲載し、ここに掲載されているメンバーは互いのブログにとりわけ注意を払い、出来るだけコメントをつけるようにしてはどうかと思います。

 その他にどのようなコンテンツにするかは、今後相談して考えますが、管理する桶川としては、せっかくブログをはじめて、その便利さに大変感動しているので、ホームページへアップする作業は少な目に出来たらと思います。

 白頭庵氏と桶川利夫の二人で相談して当研究会のオンライン化の試みをやっているわけですが、うまくいくか試している段階で、まだかつてのメンバーに呼びかけていません。しかし、何とか出来そうなめどが立ってきましたので、そろそろ声をかけていってはどうかと思います。ぜひとも皆さんご参加下さるようお願いします。

| | コメント (3)

2006-03-30

どのブログサービスを使うか

 すでに「goo」で立ち上げていたこのブログを、こちらの「ココログ」に移転した。その経緯は、これからブログを立ち上げるメンバーにとっては役に立つかも知れないので、紹介しておきたい。

 使用するブログサービスを決めるにあたって一番重視した条件は、プラウザで字を調節できることだった。おそらくWebデザインの関係から字が固定されてしまっているサイトが実に多いのだが、私には読みにくくて仕方がない。年配者の中にはこれでいやになる人も多いのではないか。やはり思想系のサイトでは、読みやすくなければしようがない。

 そういうわけで、とりあえず文字を調節でき、しかも容量無制限の「gooブログ」で立ち上げてみたのだが、そこではじめて気づいたのは、「記事」の文字は調節できるが、「コメント」欄の文字の大きさが固定であることだった。「goo」に問い合わせたところ、やはり調節は不可能との回答をいただいた。

 「コメント」の文字が調節できるサイトを探して「ココログ」に行き着いた。ところが、今度は「コメント」の投稿者名が最後にしか表示されないため、誰からのコメントなのかが、読み終わった後にしか分からない。研究会という性格上、長いコメントがありうるので、この点はやや難であると言えよう。また、「記事」そのものについても、その記事が属するカテゴリーが最後にしか表示されないため、その「記事」が何のテーマについて書かれているかが、やはり最後にならないと分からない。この点については、使用者側ではいじることが出来ないようだ。基本的には日記として使うように作られているものだから仕方ないのだろう。

 私はカテゴリーを研究発表のタイトルのようなものとして使おうとしており、同じカテゴリーの複数の記事は一続きのものであると考えているから、一つの記事がどのカテゴリーに属するかが一目で分かることが本当は望ましい。この点では「ココログ」より「goo」の方が適しているだろう。

 そんなわけで、どちらを使うかかなり迷ったのだが、結局は文字の大きさの方を取ることにした。年配者にもコメントしていただきたいと思うし、私自身も最近小さい文字が見えにくくなっているという事情がある。また、一つの「記事」に対する「コメント」は「記事」の単なる付加ではなく、むしろ「コメント」欄でのやりとりこそがブログ研究会にとって貴重であると考えるなら、多少の欠点はあってもこちらを選びたいと考えた。

 ちなみに、容量は無制限ではないが、2Gもあるので、文字主体のブログにとっては十分過ぎるくらいだろう。

 ただ、これは私の個人的な価値判断による相対的な選択にすぎず、どのブログにするかは各メンバーが判断すればよいと思う。本当にたくさんの無料ブログがあり、それぞれに特色があるので、各自が自身に合ったものを選んでいろんなブログを立ち上げれば楽しいと思う。

 ただし、多くのブログ・サービスの中には、研究会という目的にとっては致命的な欠点を持つものもある。特に重要なのは「コメント」の字数制限である。「コメント」に字数制限があり、しかもその字数があまりに少ない(たとえば400字以内)と、「記事」に対して十分な議論がかわせなくので、そういうブログは避けた方がよいと思う。「こころぐ」の場合を試してみると、相当の字数を書き込むことが出来ることができることが分かった(無制限かどうかは不明)。「goo」の場合は制限があるが、5,000字(原稿用紙約12枚)以内なので、普通に考えれば十分だと言えるし、コメントを一定の字数以内(ふつうの研究会なら一定の時間内にあたる)で行うという方針で運営するには、かえって好都合かも知れない。私は無制限に近い方を選んだが、それは、その方が「屋根裏部屋」の議論にふわさわしいからであって、別の考え方もあると思う。

 せっかくいろいろ試行錯誤したのだから、上記のもの以外のブログ・サービスについても私なりの結論を記しておく。これからブログを立ち上げるメンバーに、参考にしていただければ幸いである。

 まず「exciteブログ」だが、が、「コメント」の欄の文字調節が出来、冒頭に投稿者名が表示される。その点ではかなり理想に近いのだが、残念なことに、「コメント」できる字数がかなり少ない。これは、われわれの目的にとって致命的である。

 次に「Doblog」 は、「コメント」が400字以内だから、問題外である。容量が無制限なのは、ブログ間の関係を示す図が示されたり、画像のスライドショーが出来たりするからだろうか。他の目的にはよいかも知れない。

 最後に、「はてなダイアリー」 は、「コメント」の欄の表示が分かりにくく、やはり研究会用にはどうかと思う。もっとも大変意欲的なサービスのようで、様々な機能がついており、使い方次第でもしかすると最良のものが出来るのかも知れないが、私には使いこなせそうにない。いろいろ試みたが、結局断念した。

 なお、「無料Blog(無料ブログ)比較」というサイトが、多数のブログ・サービスを紹介しているので、そちらも参考にされたい。試していないものも多数あるので、いいのが見つかるかも知れない。

 以上、おせっかいとは思うが、これからブログをやろうというメンバーが同じ試行錯誤を繰り返すのは時間の無駄なので、私の経験を申し上げた次第である。

| | コメント (3)

2006-03-29

屋根裏のネットワーク

 ブログの「タイトル」は各自の自由。ただしサイト説明などにに、「文明と宗教の研究会」に関わるブログであることがわかるような説明があるとよい。

 わたしは自分のブログを「屋根裏部屋の思考」と名づけた。黒川健吉を思い浮かべる人もあれば、「屋根裏の散歩者」を連想する人もいるだろう。いずれにせよ、あまり関心できるネーミングではないことは認める。だが、それになりに理由はあるので、口上を述べておこう。

 「屋根裏部屋の思考」とは、ここでは表に出る前の思考を指している。誰でも、学会で発表したり、雑誌に論文を書いたりする前に、自分の中だけで思考を可能な限り展開させてみるのではないだろうか。中には、自分の立場を決める前に、あらかじめあり得るかぎりの思考の筋道をすべてたどっておくという人もいるかも知れない。「屋根裏部屋」とは、そういう思考実験の場なのだ。

 しかしもちろん、「屋根裏部屋の思考」などというと、暗くて、閉鎖的、夢想的、誇大妄想的なイメージがある。事実、そんなところに一人でいつまでも閉じこもっていれば、普通人はそのようなイメージの通りの人間になってしまうだろう。そこは彼の現実逃避の場にしかならない。そこで、屋根裏部屋の思考にも、他者との通路が必要となる。それが「屋根裏部屋のネットワーク」というわけである。

 表の言論になる前の言論にも、ネットワークがあってもよいのではないだろうか。実際、すでに掲示板やブログでとっくの昔から行われていることはそういうことだろう。ネットワーク上にある限り、一人でいい気になってはおられず、誰かから横やりを入れられる可能性がある。ただそれは、学会で研究発表して批判されるよりもずっと心理的負担が軽いはずだ。屋根裏部屋の思考の段階で、いろいろと他者の批判を受けることができるのが、このネットワークのいいところなのだ。

 屋根裏と屋根裏をむすぶ複数の糸電話……。まだ人にはおおっぴらには言えないことだけれども、他人とひそかに議論してみたいときにこれを用いる。ときどき混線などして、別の会話が聞こえてきたりして……。 

| | コメント (2)